環境への取り組み

ENVIRONMENT環境への取り組み

ENVIRONMENTAL POLICY環境方針

当社は、医薬品原薬製造企業として、行動規範である桂化学Quality(=高品質な製品を質の高い仕事で提供する)の元、医薬品を通して人々の健康に貢献していきます。その傍ら、自らの事業活動が人々を取り巻く環境へ影響を与えていることも認識し、環境への負荷の低減、汚染の防止に努め、継続的な社会貢献を目指します。

  • 新規テーマ開発・既存製品の製法改良においては環境負荷の大きな物質使用量削減、資源の使用量と廃棄物の排出量削減を目指します。
  • 適用される法令を確実に順守すると共に、必要な監視業務を行います。
  • 環境保護を目的とする社屋周辺のゴミ拾いや地域の美化活動への参加を通じて、近隣の方々との良好な関係の維持を図ります。
  • 化学物質の大気への排出や、漏洩・悪臭の発生がないよう設備のメンテナンスや人員育成に力を入れ、環境汚染の予防に努めます。
  • 従業員一人一人が環境に関する課題を事業上の課題と認識し、技術力及び生産性の向上・改善に努めていきます。また、計画→実行→効果確認→次への行動を定期的に確認し、継続的な改善を目指します。

2018年1月1日
桂化学株式会社
代表取締役社長 桂 良太郎

OUR INITIATIVES社会・環境への配慮

ゴミ拾い活動

ゴミ拾い活動

毎週3回、各部署から交代で数人が集まり工場・社屋周辺のゴミ拾い活動を行っております。
近隣住民の方々とご挨拶を交わすことができたり、社内のコミュニケーションの場にもなっています。

環境保全活動への参加

環境保全活動への参加

高座地区河川をきれいにする会の会員企業として、毎年実施されている河川パトロール・河川環境美化活動に参加しています。工場に降った雨水を排出している目九尻川の周辺状況を視察したり、ゴミ拾いをしたりしています。様々な企業から参加者が集まるので、業界・業種にとらわれない交流を深める機会にもなります。

環境との調和

環境との調和

ガーデニングクラブを結成し、社内の美化・緑化活動を行っています。GMP管理の一環として、工場の敷地内では除草する一方、ご来社される方にも楽しんでもらえるように本社棟周辺には四季折々の花を植えています 。虫の好く植物は避け、防虫効果のあるハーブなどを植えることで環境との調和を目指しています。

環境管理事業所認定取得

2016年10月に神奈川県が指定する環境管理事業所の認定を座間市で同認定を受けている事業所は、現在桂化学のみとなっています。
化学物質を取り扱う企業として保管管理に十分配慮することはもちろんですが、環境に対して当社が及ぼす影響を把握し、環境負荷を低減する方法の検討など積極的に取り組んでいます。

環境管理事業所について

会社概要・アクセス代表挨拶・理念沿革組織図環境への取り組み