採用情報(新卒・中途)

RECRUIT採用情報

先輩インタビュー求める人物像社内アンケートフォトギャラリー募集要項エントリー

「世界のKATSURA」を目指して

私たち桂化学は、決して大きな会社ではありませんが
“桂化学Quality”を軸に、世界規模でニッチな医薬品原薬を供給する企業を目指しています。
「医薬品原薬」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、桂化学で作られた医薬品原薬はのちに医薬品となり、世界中の患者さんに処方されています。
しかし、私たちの名前を世界の患者さんが知ることはありません。それでも社員ひとりひとりが“自分たちは人々を助ける医薬品をつくっている。この仕事は世の中の役に立っている”という意識を常に持っています。そんな私たちと、一緒に働いてみませんか?

原薬とは

INTERVIEW先輩インタビュー

年齢に関係なく新しいことに挑戦する会社です。

年齢に関係なく新しいことに挑戦する会社です。

管理部2015年入社

入社の決め手は?

自分がこの会社で働いている姿をイメージ出来たからです。
HPや就職支援サイトでは、求める人材や会社の様子などが事細かに載っており“桂化学のことを知ってほしい”という熱い想いが伝わってきたので興味を持ちました。
採用面接では予想外の質問が多かったので、事前に準備していた答えは役に立ちませんでしたが、様々な角度から自分の人間性をみてくれているという印象を受けました。変に繕わずに受け答え出来たことが決め手で、自分も桂化学の一員になりたいと思いました。

現在の仕事内容とやりがいについて

主に総務や庶務を担当しています。なんといっても当社は社内行事が沢山ありますので、その企画や運営をすることも多いです。中でも力を入れているのが、月に一度の「土曜ランチ」です。会社がお昼ごはんを用意して、全員で食事をします。毎回メニュー決めや準備には頭を抱えることもありますが、部門や年代を超えて皆が笑顔で話している姿を見ることにやりがいを感じています。ただ社内行事とは言っても、皆でワイワイ楽しむことだけが目的ではないので、本来の目的や意味、自分の役割を意識しながら行動していきたいです。

桂化学とはどんな会社ですか?

年齢に関係なく新しいことに挑戦する会社です。
「私はまだ新人だから・・」とか「自分はもう年なので・・」という消極的な声は聞こえてこない気がします。今では若手・中堅社員が中心となって課題に取り組むことが多くなってきましたが、50代、60代(70代)であっても様々なことにチャレンジしています。
そんな先輩や上司の姿を見て、自分達は将来それ以上に成長していかなければ!と、日々感じています。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

桂化学のことを知って、社長や私たち社員の想いに共感して頂けたら嬉しいです。一緒に桂化学の未来を創ってくれる方に出会えることを楽しみにしています。就職活動は辛いこともありますが、沢山の人と関わって色々な経験をすることで、今まで気づかなかった新しい自分を発見できるかもしれません。ぜひ前向きな気持ちで、社会人になって活躍している自分の姿をイメージしながら励んでください。

一つの製品を作り上げられるとやりがいを感じる。

自分が携わった原薬がトラックに積まれる瞬間が、一番うれしかったです。

品質管理部2012年入社

入社の決め手は?

私には化学の知識と分析能力しかありませんでしたが、どうしても「モノづくり」に携わりたいという思いがありました。桂化学は、転職活動で伺った会社の中で、一番、人の心が温かく、仕事がしやすそうだという印象を受けました。また、自分のことを必要としてくれているとも感じました。面接の際に品質管理と製造の現場を見せてもらい、「古いなぁ!」と思いました。しかし逆に新しく変えていく余地がたくさんあることがやりがいになると考えて入社を決めました。入社を決定した決め手は、ある意味「古さ」だったのかも知れません。入社後2015年に新棟を購入し、試験室も一新されました。設備だけでなく人も成長し、みんなで桂化学を変えていきたいです。

現在の仕事内容とやりがいについて

品質管理業務です。中でも機器分析による原薬の分析業務が中心です。自分が分析を行って品質が保証された原薬たちが世界で活躍していることに誇りを感じ、やりがいに繋がっています。また、機器の更新、新規購入など、会社の将来に必要な機器設備の情報収集も行っています。医薬品業界は、分析機器の進歩もあり新しい決まり事が増えていく業界です。そのため新しい技術の機器等の情報にアンテナを張り、医薬品業界だけでなく、分析機器業界等の情報も取りいれるようにしています。品質管理というと分析業務を思い浮かべるかもしれませんが、このような情報収集や新たな機器の選定も非常に楽しい仕事です!

思い出に残るエピソードを教えてください

入社して間もなく、自分が分析に携わった原薬が製品倉庫からトラックに積まれる瞬間が、一番うれしかったです。商品が出荷されていくところを見て、「モノを作っているなぁ」と改めて実感しました。『患者さんのために役にたってくるんだぞ!』と心の中で叫んでいたことは今でも忘れられません。モノづくりの仕事に携わりたかった私にとって最高の瞬間でした。今も感覚は変わっていません。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

私はモノづくりに携わりたい!という思いから転職活動を行いました。知識や経験も大事ですが、一番は自分の志だと思います。皆さんが大事にされている志は何かありますか? それを大切に、就職活動頑張ってください。

誰かの病気を治すことにつながっている

誰かの病気を治すことにつながっている

開発部2015年入社

入社を決めた理由について

面接でお会いした人事の方や社長の人柄で決めました。失礼な話ですが、「小さな会社って、社長の影響力強そうだな。もしかしてワンマン?」と思い、採用担当の方に「社長ってどんな方ですか?」とストレートに聞いたのを覚えています。その際人事の方から「自分より若いけれど、この人が船長なら安心して船に乗れるって思える方ですよ」と言われました。その後3次面接で社長にお会いしましたが、本当にその通りの方でした。誰からも慕われる社長と、社長についてまっすぐ伝えられる社員の方がいて、いい会社だなと思いました。

現在の仕事内容とやりがいについて

主な仕事内容は実験です。合成したり溶解度を測ったり、ひたすら分析しているときもあります。説明会ではいつも「有機合成やっている人は、開発部でも大体同じことをやっていると思ってください」なんて言ったりしますが、実は考え方がちょっと違います。会社での実験は「有機合成化学」というより「プロセス化学」という方が近いです。新規性を求めているわけではなく、工場での製造のために実験しているからです。純粋な学問としての有機化学をやりたい方はアカデミックな道に進まれた方が良いかもしれません。でも、薬作りには「誰かの病気を治すこと」につながっているという、有機化学とは別のやりがいがあると思います。

休日の過ごし方

週末は大体合気道の稽古に行きます。あとは本を読んだり手芸をしたり・・。旅行も好きで、有給をほとんど全部使って海外に行っています。「旅に出るので10日以上連休とります」と言って、あっさり有給の許可が出るのは旅行好きにはありがたい環境です。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

私は学生のとき、会社で働くのってつまらなそうだなと思って、全然真面目に就職活動していませんでした。桂化学は家からそこそこ近いし、自分の専攻に合っているし・・という感じで深く考えずに受けましたが、社員の方や社長の雰囲気がとても良かったので入社を決めました。今は毎日楽しく働いていて、入社して良かったと思っています。でも、“皆にとってこれが正解!”というのは無いですよね。色んな道があると思います。自分らしく進んでください。

自分のことを深くまで見てくれていると感じました。

一つの製品を作り上げられるとやりがいを感じる。

製造部 製造課2010年入社

入社を決めた理由について

化学系の学部出身だったので、化学系の会社に入ろうと就職活動をしていました。その中で医薬品原薬メーカーがあることを知り、変わった業界だなと興味を持ちました。桂化学ではイケメンの社長を筆頭にベテランの方々、1~2年前に入社した先輩方も活躍しているという話を聞き、働きたいと思いました。また、自分の地元である神奈川県で働けるところも入社を決めた理由のひとつです。

現在の仕事内容とやりがいについて

製造部員として実際に医薬品原薬を製造現場で製造しています。また、工場で仕事をする上で見過ごせない公害防止対策の仕事もしています。当社は有機合成の技術で医薬品を製造していますが、実験室では味わえない大きな設備、大量の原料を使用したスケールの大きい化学反応は危険で難しく、常に気を張っていないといけません。しかしうまく反応を進めて一つの製品を作り上げられるとやりがいを感じます。また、当社の製造部は15人ほどで、1人当たり1年で300kg以上の医薬品原薬の製造に携わることになります。会社の利益に深く関わってくるというのはとても重い責任ですが、やりがいの一つではと思います。

医薬品業界で働くことの魅力は?

自分たちの作った医薬品原薬が最終的に患者さんに届くため、社会貢献度が高いこと。 仕事の幅が広くいろいろなスキルが身につきます。特に製造現場で働いていると、医薬品そのものの知識以外にも製造設備、ユーティリティ、原料や危険物についての知識やスキルが仕事で必要になるため、自ずと身につくと思います。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

就職活動をしていくと色々な会社、仕事を知ることができ、新しい発見も沢山出てくると思います。そこで得られた知識や経験は将来必ず役に立つはずです。視野を広く持ち、5年後、10年後、100年後?の社会人として活躍している自分を想像しながら、就職活動頑張ってください。

一つの製品を作り上げられるとやりがいを感じる。

同期、先輩から部長、取締役まで距離が近く、
いつでも何でも話せる環境

製造部 生産管理課2015年入社

現在の仕事内容とやりがいについて

製造部生産管理課で製造課のサポートをしています。具体的には、原料・資材の発注や在庫管理、原価計算などデスクワークが中心で、データ管理のような仕事が多いです。小さい会社なので、こんなことまでやらなくちゃいけないのか~と思う仕事もたくさんありますが、言い換えればできることがたくさんあります。何気なくやった小さな事が、業務の効率化に繋がったり、製造課の人たちの役に立ったりするときが一番嬉しいです。あとは仕事内容とあまり関係ありませんが、私は製造部の女性社員第一号だったので、他部署から製造部の雰囲気が明るくなったと言ってもらえると、それだけでもっと頑張ろう!!!と思えます。

桂化学とはどんな会社ですか?

優しくて真面目な人が多い会社です。大きい会社ではないので、同期、先輩から部長、取締役まで距離が近く、いつでも何でも話せる環境が魅力の一つだと思います。悩みを聞いてくれたり、ちょっと元気がなくなったときには声をかけてくれたり、とにかくいい人ばかりです。あとは社長と会長がかっこいい!家族や友達に自慢できるトップです

休日の過ごし方

頻繁ではないですが、社内で仲の良いメンバー(先輩や部長さんまで年代は様々)で、旅行や工場見学に行きます。遠方で開催されたセミナーに参加した後その近辺を旅行したり、昔桂化学の工場があった山形へも遊びに行きました。ビール工場と焼売工場の見学もとても楽しかったです。毎週のように飲みに行って、土日まで一緒にいても、楽しくて話題は尽きません。ふざけた話が多いですが(笑)、時には真面目に、親身になって相談にのってくれる人がたくさんいるので、大事なコミュニケーションの場になっています。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

私は、「結婚するなら一緒にいて楽しくて、相性のいい人がいい」という感覚と同じで、就職先も「楽しくお仕事ができそうで、自分に合っているな」と感じた桂化学を選びました。就職活動というと、なんとなく「自分が選ぶ」のではなくて「企業から選ばれる」と思っている人が少なくないと思いますし、私もそんな風に考えていました。でも、全くそんなことはありません。自分がいいなと思った会社を知るために説明会に行ったり、色々な社員の方とお話ししてみたり、また、その会社に自分のことを知ってもらうために面接でいつも通り話ができればいい、ということに気付かせてくれたのは桂化学でした。
絶賛就活中の皆さんが、恋人探しみたいな感覚で自分にぴったりの会社に出会えることを心から祈っています。

手を挙げればやりたいことができる会社です。

病気で苦しんでいる人の役に立っていることに魅力を感じます。

品質保証部2014年入社

現在の仕事内容とやりがいについて

製造記録や試験記録を照査したり、行政に提出する文書を作成することが業務内容です。その文書が原薬製造という生業の可否に直結していると考えると、ドキドキしますが楽しいです。医薬品業界の規制やガイドラインは、科学技術の進歩やその時代の考え方などによって色々と変化します。それに取り残されないよう、いろいろな情報・知識を集め、考えているときにやりがいを感じています。「こうすればいい」という明確な答えはないので、議論をして桂化学にとってベストな方法を作っていく。大変ですが、完成したときは達成感があります。

医薬品業界で働くことの魅力は?

病気で苦しんでいる人の役に立っていることに魅力を感じます。
原薬メーカーは患者さんと直接やりとりをすることはありませんし、そもそも原薬というものを知っている人はあまりいないと思います。しかし、知られているかどうかに関わらず、製造した原薬が錠剤や注射剤になり、日本だけでなく海外の方にまで届いています。影から支えている形にはなりますが、そういうのもいいかなと思っています。

思い出に残るエピソードを教えてください

海外出張で初めて中国へ行き、原料メーカーの工場の視察と監査を実施してきたのですが、食べ物が合わずお腹を壊してしまったことは、一生忘れないと思います。
その後、2回ほど中国に行きましたが、耐性がついたのかお腹を壊すことはありませんでした。それでも胃腸薬は必須アイテムだと今も思っています。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

就職活動は大変だと思いますが、息抜きは絶対に必要です。
趣味に時間を使ったり、おいしいご飯を食べたり、思い切って旅行するのも良いと思います。就職活動のゴールは内定をもらうことですが、長い目で見れば、これから先の社会人生活のスタートでしかありません。無理をして体や心を壊してしまうのは、とてももったいないです。時間を作ることは難しいかもしれませんが、健康である事が一番大事ですので、どうかご自愛ください。

自分のことを深くまで見てくれていると感じました。

開発部2016年入社

入社を決めた理由について

転職活動は以前から興味のあった医薬品業界を中心にしていました。その中で自分のことを深くまで見てくれていると感じたのが桂化学でした。前職の職種から品質管理部への応募をしていましたが、面接時に専門分野・バックグラウンドから開発部として採用の可能性があることを言われ強く好感を持ったことを覚えています。

現在の仕事内容とやりがいについて

新製品の製法検討、既存品の製法改良に携わっています。学生時の研究とは違い、いろいろな制限があるなかで収率向上だけでなく実際の製造現場での装置や作業者のことを考えた製法を組み立てていくところに難しさを感じながらも楽しさとやりがいを感じています。

桂化学とはどんな会社ですか

社員数が50人程度のため、主業務以外にもやるべきこと・やれることが多数あります。歴史は長いですが未だ「伸びしろ」が多くある会社ですので、会社の成長と共に自分も成長していけると感じています。他には月1回の土曜出勤日には土曜ランチがあります。毎回ユニークなメニューなので、毎月楽しみにしています。また、希望者で集まって工場見学に行くなど、和気あいあいとした社風です。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

何か迷うことがあったら、楽しい・ワクワクする方を選んでください。どの選択肢を選んだとしても後で必ず後悔があると思います。でもそれは、短期的なことで長期的に見れば笑い話になります。そうして選択した先に桂化学があるとうれしいですね。笑い話が聞けるように、お酒を用意してお待ちしております。

手を挙げればやりたいことができる会社です。

手を挙げればやりたいことができる会社です。

営業部2009年入社

入社を決めた理由について

技術を身につけたい、それでものつくりがしたい!という自分の想いが具現化できそうな企業だったので入社を決めました。学生時代は研究開発職を希望していたものの、当時修士卒が必須条件の会社が多く、IT企業へ就職しました。しかし大学で学んだことを活かしたいと強く思うようになり、品質管理部の募集を行っていた桂化学に転職。研究開発ではなく分析の仕事でしたが、入った後はどんな職業でも自分次第でどうにでもなると思っていました。また桂化学は中小企業ということもあり、自分次第で裁量権を得られるのではと考えました。その後部署移動して現在営業部として働いていますが、桂化学は手を挙げればやりたいことを全てやらせてくれる会社です。部署に囚われず、何でもできるところがいいですね。

現在の仕事内容とやりがいについて

営業職として顧客訪問しながら自社製品の販売、情報収集をして社内への新規品の提案を行っています。メーカーにおいては、営業職は敬遠されがちかもしれませんが、桂化学の営業職は自社製品を販売することだけではありません。どちらかというと、製品を新規開発から販売するまでを組み立てるというマーケティング・企画開発要素の強い部門です。顧客と協議しながら販売達成することはもちろんやりがいの一つではありますが、一番やりがいを感じるのは収集した情報をもとに取引を組み立て、販売が実現したときです。そためには海外含め様々な顧客や情報ソースから情報を取り込み、自分なりに考えて入手した情報の一つ一つを組み合わせる必要があります。それを販売につなげたときの達成感はなんとも言えません!

医薬品業界で働くことの魅力は?

グローバル産業なので世界中の人と関わることができ、視野が広がります。桂化学は海外の顧客も多いため、ビデオ電話で色々な国の人と会議したり、海外出張で実際に会って話すといった機会に恵まれています。また、仕事が人の生命を救うことに繋がっている点に魅力を感じます。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

自分がやりたいこと、というよりは自分はどんな想いを大切にしているか、何をしたり、されたりするとうれしい、楽しいのかという視点から考えると、意外に色々な業種・職種に興味がわいてくるのではないでしょうか。どんな会社に勤めることになったとしても、大事なのは自分の想いですから、それを胸の内に秘めて就職活動頑張ってください。

どうせなら楽しく過ごせる環境がいい!

どうせなら楽しく過ごせる環境がいい!

品質管理部2013年入社

入社の決め手は?

入社を決めた理由の一つは、説明会と面接で会った会社の人たちと話したときに楽しかったから、でした。楽しかったというのは少し違うかもしれないけれど、すきな雰囲気でした。仕事しに行くのに何を言っているのかと思うかもしれませんが、平日は毎日顔合わせるわけですから、心穏やかに、どうせなら楽しく過ごせる環境がよいかなと。仕事も化学の話もなにもない理由ですが、個人的には大きかったかなと思います。

現在の仕事内容とやりがいについて

主には分析業務です。原料や中間体、製造工程の途中での工程内試験、製品や安定性試験の分析をしています。結果を出すのはもちろんですが、出した結果を過去のデータと比較し、その傾向なども確認します。また、分析機器の維持管理もあります。適切な状態で維持すること、その状態を確認することは、きちんと品質を保証していくためにも必要なことです。品質を保証していくために各部と連携しながら、ここには書ききれないですが、ほかにも様々な仕事をして製品を作り上げていくので、やりがいがあるなと思います。

休日の過ごし方

基本的には家でゆったりと過ごしていることが多いです。読書か工作か、だいたいインドアです。ときどき意識的に外に出かけるようにしていて、博物館や展示やなんかに行ってふらふらと散策しています。あと、会社の人と数人でボルダリングに行くこともあります。

メッセージ(これから就職活動を行う学生の皆さんに一言)

たくさんの会社を見る機会があると思いますので、内容のイメージがわかなくてもなんでも興味を持って、実際に働いている人とたくさん話をしてみてください。実際の仕事内容と自分のイメージを近づけるのは会社を選ぶうえで大事だと思います。個人的にはさらに、この人たちと一緒に仕事をしたいかを考えてみるとよいのではないかと思います。

IDEAL CANDIDATE求める人物像

素直 勉強好き 前向き、積極的

私たちは前向きに色々なことにチャレンジできる人を歓迎します。
医薬品を作る以上、化学とは密接な関わりがありますので、「化学大好き!」は大前提です。
しかし医薬品製造企業である桂化学では化学だけではなく、日々変わり行く医薬品業界や製造設備、医薬品に関する法規制など、
様々なことを学んでいく必要があります。
また、人との関わりの中からもたくさんの学びがあります。
新しい分野の知識を積極的に吸収しようとする意欲と好奇心を持った方のご応募をお待ちしております!

QUESTIONNAIRE社内アンケート

  • 出身の学部は?

    出身の学部は?

    ほとんどの社員が理系出身! でも有機合成が専門ではなかった社員もたくさん働いていますよ。

  • 入社の決め手は?

    入社の決め手は?

    人の良さや雰囲気、社風が決め手になった社員が大多数でした!メーカーなのでモノづくりへの興味・関心から桂化学を選んだ社員も多いようです。

  • やりがいを感じるのはどんな時?

    製造

    ・計画された生産, 品質を達成した時
    ・新しく覚えた作業を任された時

    開発

    ・効率化に繋がりそうなデータが得られた時
    ・面白い, 非常識な, そして時に予想通りの結果が出た時

    品質管理

    ・分析結果から新たな情報を見出した時
    ・会社や他の人の役に立っていると感じる時

    品質保証

    ・査察で高評価をもらった時
    ・海外とのやり取りがスムーズにできた時

    管理営業

    ·みんなの楽しそうな笑顔を見れた時
    ·新製品をみんなの協力で市場に出せた時

  • 好きな桂化学製品ランキング

    好きな桂化学製品ランキング

    少量高付加価値の代表的品目、レボカバスチン塩酸塩が一位。製造課では自分で製造している品目に愛着を感じるという意見が多くありました。

  • 好きな製造設備ランキング

    好きな製造設備ランキング

    桂化学で一番大きい3000Lの反応缶が第一位!自分が担当する品目で使用頻度の高い設備がお気に入りという社員が多い結果となりました。

  • お気に入りの分析機器ランキング

    お気に入りの分析機器ランキング

    品質管理部一番人気のHPLCが第一位。みなさん日ごろからよく使用する機器に愛着があるようです。

INSTAGRAMフォトギャラリー

フォロー

REQUIREMENT募集要項

求める人物像 素直で明るく前向きな方。専門にとらわれず色々なことを吸収しようとする意欲のある方。
“モノ”をつくることで達成感を味わいたい方。
職種及び仕事内容

医薬品製造
生産工場で反応缶や遠心分離機、真空乾燥などの設備を用いて医薬品原薬を作る仕事です。
生産計画の立案や製造報告書を作成し、現場の意見をフィードバックすることも重要な仕事です。
ライン作業ではなく製品毎の担当制で、仕込み~最終工程まで担当します。

※機械メンテナンスできる方歓迎
※重量物扱いあり

雇用形態 正社員
雇用期間 雇用期間の定めなし
募集人数 若干名
応募資格
  • 新卒·既卒
  • 2019年3月卒業見込の方及び既卒3年以内の方
    学部:理系大学·大学院 化学系·薬学系
  • 中途
  • 大学卒以上
    危険物甲種または乙4類
入社時期
  • 新卒
  • 2019年4月1日
  • 既卒・中途
  • 要相談
勤務地 本社
給与
  • 新卒·既卒
  • 学部卒 :223,000円(2017年4月実績)
    大学院卒:229,000円
  • 中途
  • 256,000~345,000円 ※経験に応じて変動あり

時間外手当別途支給、交通費支給、その他該当者には住宅手当、家族手当、役職手当あり

賞与 年2回(7月、12月)
勤務時間 午前8時45分~午後5時15分(休憩1時間)
休日 週休2日制(月1回土曜出勤有)
祝日、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇
年間勤務カレンダーによる(1年変形労働制)
社会保険 健康保険組合(東京薬業健康保険組合)、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 退職金制度、定年後継続雇用制度、育児·介護休暇制度
育児·介護短時間勤務制度、永年勤続表彰、財形貯蓄制度、財形奨励金
慶弔見舞金、社内イベント(土曜ランチ、社員旅行、餅つき、納涼祭 等)
※該当者のうち希望者には1年間の社員寮制度あり
応募方法
  • 新卒·既卒
  • 下記採用メールにて連絡の上、自由応募
    個別会社訪問受付中
  • 選考フロー:下記書類提出⇒書類選考⇒一次面接・筆記試験・適性検査
    ⇒二次面接(個別)⇒最終役員面接⇒内定
  • 提出書類:
    1. 手書き履歴書(写真添付)
    2. 成績証明書
    3. 卒業見込証明書(既卒者は卒業証明書)
    4. 健康診断書
  • 中途
  • 自由応募
  • 選考方法:書類選考のち面接及び筆記試験
  • 提出書類:
    1. 手書き履歴書(写真添付)
    2. 職務経歴書
    3. 直近の健康診断書の写し
連絡先 管理部 採用担当 内木(ないき)お問い合わせ